鳩の被害は深刻だった|ねぐらにされる前に対策

男性

アイテムを使って撃退

住宅

鳩は集合住宅のベランダなどに集まり巣を作ることが多いようです。もともとハトは自然の河原などでしたが、自然環境の変化で街に住むようになりました。街ではエサも豊富にありますし、公園ではハトに餌をまく人もいます。また外敵の少ない高所では襲われることがなく、まさに街の中はハトのパラダイスなのでしょう。しかしベランダを住みかにされた人間はたまったものではありません。毎日泣き声や糞の被害になやまされることになります。ハトはなかなか頭のいい鳥なため、人の気配があると近づきません。逆に昼間ほとんど家にいないところや、ベランダが散らかっているところを選んで鳩は集まる傾向があります。そのためハトを寄せつけないようにするにはベランダをきれいにしておくことが効果的です。糞を見つけた場合はすぐにきれいにすることで、人が住んでいることをアピールすることができます。鳩対策として有効な手段は鳩に居心地がいいと思わせないことです

鳩対策として利用できるアイテムもいろいろあります。忌避剤はハトの嫌がるニオイや味の薬剤が使用されていて、おくだけで簡単に対策できるため人気があります。忌避剤には色々なタイプがあります。固形の吊り下げ式タイプは一ヶ月と長い期間効果があるのがメリットです。しかし雨に弱いので雨で濡れない場所に吊るしましょう。他にもスプレーで塗布するものやジェルタイプがあります。たまに来る程度の初期被害なら、これらの鳩対策は有効ですが、ねぐらになっている場合や、巣を作られた場合には効果がないので駆除を行なう専門の業者に依頼するようにしましょう。